起業の費用等に関する疑問について

起業を目指している方は、自宅か事務所にするのか、 悩んでいませんか?

起業後に自宅で仕事をしていくことは選択肢の一つですが、本格的なビジネスを標榜するなら自宅とは別に仕事場を確保したいところです。
セルオフィス目黒にご関心を頂きこのページを読まれている方は、まず事務所を構えられないかとお探しになる流れの中で様々な理由からレンタルオフィスを候補にしていると思います。またレンタルオフィスを候補に挙げているのであれば、SOHOマンションも選択の一つとなっているでしょう。
それではレンタルオフィスの人気の秘密を考察してみましょう。

費用面から見たメリット

事務所、SOHOマンション、レンタルオフィス(セルオフィス)を比較してみました。

【起業の事例:事務所、SOHOマンション、レンタルオフィス比較】

  事務所 SOHO
マンション
レンタル
オフィス
広さ フロア(部屋) 30平方メートル 18平方メートル 物件ごとに異なる
執務スペース 12平方メートル 4平方メートル
会議室 10平方メートル×2
ラウンジ
物件初期費用 入会金 11万円
賃料・会費 8万円(@8千円) 6万円 7.2万円
管理費 2万円(@2千円) 1.2万円 1.5万円
敷金(保証金) 48万円 18万円 8.7万円
保証会社 10万円 7.2万円
什器備品
初期費用
カラーレーザープリンタ
A3
8万円 8万円
電話・FAX 2万円 2万円 2万円
デスクセット1人 2万円 2万円 2万円
会議テーブルセット 2万円 2万円
その他は省きます
初期コスト 82万円 46.4万円 32.4万円
物件更新費用 8万円 8万円 0.5万円
費用面のコストメリットはレンタルオフィスが群を抜いています。
このほかにもネットインフラ費用、登記費用、ホームページやリーフレット作成、名刺作成、印刷・コピー代などの諸費用がかかります。起業する時(開業準備の際)の費用をなるべく抑えることは非常に重要です。「事務所」を借りようとする時、過去の経営実績(決算書)が必要なのが大半です。つまり事業上の信用が必要です。費用負担と信用面から起業時に「事務所」の選択肢が遠くなってしまうことが多いのです。
セルオフィスは、レンタルオフィスとさらにリーズナブルなシェアオフィスを揃え、起業家の夢実現をお手伝い致します。

レンタルオフィスの執務スペースが狭いと考える前に

色々物件を見て決めていく段になると、広さにこだわりSOHOマンションにする人、自分の城を持ちたいとの気持ちから事務所の選択をする人もいるでしょう。しかしレンタルオフィスは以下の点でメリットがあります。
 ・執務有効面積は最高効率にできており、且つ個室であること
 ・会議室は共有だが独立して確保されていること
 ・ラウンジなどが備わっていること
 ・運営者が用意した様々な経営支援サービスが受けられること
特に強調したいのはビジネス来客に自分のオフィスで対応する際、会議室で対応できる点です。

SOHOマンションですと外観・内部がマンションですのでビジネス対応としては少し不安です。相手が中堅以上の企業となると来客があることに躊躇してしまいます。これはSOHOマンションで起業した私たちが痛切に実感したことです。

シェアオフィス会員で試してみるのもあり

シェアオフィスとは、個室ではなくデスクを共有する方法です。デスク予約する必要がありますがその分リーズナブルな価格設定となっています。セルオフィスではデスク予約以外のサービスは全て共通で受けることができます。セルオフィスならもちろん会議室も無料、是非お試しください。

最高のメリットとは

これまでの費用面や経営面に比べて最も重要なのは・・・
それはレンタルオフィス(例えばセルオフィス目黒の)ロケーションで別の事務所物件を探すことを想像したらわかると思います。 私どもは立地に非常にこだわりました。だから駅から徒歩2分です。立地に加えてビルグレードが重要になってきます。物件選定は相当なエネルギーを伴います。セルオフィス目黒に至る前に内見した物件は3ケタです。
どうぞ、目黒区目黒1丁目を登記住所や拠点住所として名刺やホームページに掲げ、名実ともにビジネスに邁進して下さい。

<<戻る|2|次へ>>

TOPへ戻る>>

女性応援プラン 秘書サービス格安プラン!登記手数料無料! 起業家支援プラン コンサルBank Powerd by ZanshinConsulting