経営継続にとても大事なこと

レンタルオフィスを契約して経営に邁進する前に是非思い出しましょう。これまで起業家、新規事業を展開する会社などに関わってきた経験から事業を伸ばすために大事なことを紹介します。

貴方は何を売るのですか

独立してしばらくするとそれまでの関係者以外に自社の事業(商品、サービス)を説明する頻度が高まってきます。
当たり前のようですが人の事業に心から関心を寄せてくれる人は稀です。自分から動かなければ人が聞いてくれないと思いますし、事実「現象」としてはそうでしょう。
貴方は自社の商品やサービスを説明しなければ始まらないとばかりに会う人会う人に説明します。そしてこういうセリフが出てしまいます。
「お役にたちます。是非ご活用ください。お手伝いさせてください。」
貴方は何を売ろうと思っていますか?商品やサービスでしょうか?
事業とは人が求めている商品、サービスを販売する行為ですね。「人が求めている」のだからと。では、だから買ってくださいで買ってくれるのでしょうか?
人が求めていること、それは問題・不具合に対する解決策(かっこよく言えばソリューション)です。
問題や不具合を抱えている、もっと突き詰めればその原因は何でしょう。
貴方は、「問題や不具合の原因を解消する解決策の手段としての商品やサービスを販売している」のです。
だから人に自社の商品やサービスを説明していけばいいと考えているうちは売れないでしょう。
そうです、貴方が販売するもの、それは貴方の商品・サービスの名を借りた「貴方の問題解決力」です。

話を聞く、本心から聞く

上辺で話を聞いている人は経験から直ぐに分かると思います。反対の立場から見れば貴方はどう映っているのでしょうか?
自社の商品やサービスがそのまま当てはまるならば説明は不要ですが、多くの場合お客様に合わせたカスタマイズが必要になってきます。
しかしその前に相手の心を掴むのは、問題や不具合を一緒になって悩む、解決していく姿勢です。売りたいがために直ぐに話を商品・サービスに転じる人がいますが、一方で最初からこちらの心が掴まれたようになる人もいます。
自社の商品・サービスをカスタマイズすることでその人の問題・不具合が解決しそうならば、相手に質問しながら一緒になって解決策を考えることです。テクニックではありません。相手の問題を本当に解決したいと思っているかどうかです。
自社の商品、サービスを説明するのは最後の最後の最後、5分必要かどうかです。
時間が足りない?そうです、だから次回のアポイントが成立するのです。

<<戻る|4|次へ>>

TOPへ戻る>>

女性応援プラン 秘書サービス格安プラン!登記手数料無料! 起業家支援プラン コンサルBank Powerd by ZanshinConsulting