何時かわらないですが起業しますので

・レンタルオフィス内覧で予約が入る。当日を迎えてご挨拶となり、今は何をされていますかという段になると、「何時かわからないですが、起業を考えています。」という方がいらっしゃる。タイミングも何もわからないのにレンタルオフィスでと。こちらはずっとお部屋を押さえている訳にもいきません。

様々な事情があって、起業するタイミングが定まらない。

でも想いはありますよね。3ヶ月から半年以内かなとか。

起業、開業、独立、勤め先を辞めて自立するよと言うは易し成り難しです。

一番悔いが残るのは、行動しない自分のはず。誰かが指摘するものではない、自分だけが自分に対して思うのです、あの時やっておけばよかったなーって。だから期限を決めるのが一番いい。現実として受け止めると同時に歩み出すのです。

旅行の出発日が決まらない、それは旅行にならないでしょう。出発日を決めたら予定を組む、そういうやり方が踏ん切りがつきます。で、検討していくとやはり前後する。でも、旅行に行くことは決めている訳です。前後してもチケット取らないといけないから日を決める。こうして予定が決まる。

人生をかけた起業です、不安にならない訳がない。不安の元は、何をすべきか整理していないから。先走って、仕事取れるだろうかなどと思ったり。仕事取れるだろうかではなく、どうして取っていこうかなと手段に置き換える。それが失敗したらどうしようかではなく、失敗したら次の手を考える、実行する。人の営みだもの、失敗の連続、不安はいつもあるし押しつぶされそうな感覚は常にある。いつもそいつと寝ている。

でも、全て自分の裁量。自分なのです。こんな究極の自由はない(雲のジュウザ)。

もし、起業に際して何をしなければいけないのか、手続きをどうしたらいいのか、この仕事ならどんな予算を考えたらいいのか、ご不明点がありましたら是非ご相談の上、ご内覧下さい。

真剣にお話し差し上げます。

起業するなら最小限度のコストで最高の環境を提供する準備があります。

目次

お問い合わせ・内覧のご予約はこちら

TOPへ戻る>>

女性応援プラン 秘書サービス格安プラン!登記手数料無料! 起業家支援プラン コンサルBank Powerd by ZanshinConsulting