レンタルオフィスと賃貸事務所どちらを選ぶ?2

・レンタルオフィスと賃貸事務所を比較して選定されている方は、実はあまり多くはありません。

それは選定以前の問題で、明確に「かなう条件」が異なるためです。

賃貸事務所とレンタルオフィスの違いは幾つかありますが、その最たるモノは入居前のハードルです。

賃貸事務所では、2-3期分の決算書、公的書類、保証金6-10か月程度等々。

レンタルオフィスでは、公的書類、保証金1ヶ月程度等々。

特にこれから起業しようと考えている人に賃貸事務所はかなり厳しいことになります。

SOHOにとっては保証金が高いハードルです。

ただ、賃貸事務所にはそれなりのメリットがあります。

1.自分だけのフロアで自分の思い通りのレイアウトが組める

2.自社の電話、会話等を誰かに気遣いする必要がない

3.ビルによりますが、看板が出せる

大げさに言えば、自分の城、でしょう。

私がレンタルオフィスを経営しているからと言って、賃貸事務所を勧めないということはありません。

売上や人数等の事業規模が時宜を得たなら、レンタルオフィスは卒業していいのです。

本社は賃貸事務所、出先でレンタルオフィスなどという会社は珍しくないのです。

目次

お問い合わせ・内覧のご予約はこちら

TOPへ戻る>>

女性応援プラン 秘書サービス格安プラン!登記手数料無料! 起業家支援プラン コンサルBank Powerd by ZanshinConsulting