レンタルオフィススタイル

レンタルオフィスを起業・SOHO・東京拠点としての活用例から見ていきましょう。

|起業|SOHO|東京拠点|

レンタルオフィススタイル 起業

起業時に考えるべきこと

起業に際して考えるべきことの筆頭は「どんな仕事で起業するのか」ですが、、もう一つ大事な大事なポイントがあります。それが、起業して事業を営む場所、です。

事業を営む場所は、自宅(一軒家)、自宅(マンション)、賃貸(一軒家、アパート・マンション)、賃貸(事務所)などが想定されますが、本格的な事業を営むなら賃貸事務所が候補です。

自宅兼務ですと住所等を顧客に知られる上、仕事上の打合せなど困難です。賃貸事務所を探してみると様々な制約があることがわかります。

例えば、事業実績があるのか?です。過去3期分の決算書があるわけがないのが、起業です。

また保証金は6ヵ月以上という場合もあります。ちょっとした物件なら数百万円です!

事務什器を揃えたり等々を含めて考えますと、かなりの高額出費が想定されます。

そこで、レンタルオフィスが最有力候補になってきます。

レンタルオフィスならば、入会金、保証金を合わせて20万円前後で探せばいくらでも見つかります。キャンペーン等で入会金無料や1ヶ月賃料無料などがある場合、太編お得です。

さらに、本格的な事務所の体裁が整っており、一等地住所での登記が可能です。

これなら、起業に際してレンタルオフィスが最有力候補になる理由も頷けます!

起業準備に追われるなら

起業時にわずらわしいことはなるべく省くべきです。

なぜなら、起業直後から始まる営業に注力する必要があるからです。

特に事務所やSOHOマンション探しと什器選定、準備等に時間を割くことは賢明ではありません。

多大なる労力がかかること、それは起業した私の体験から間違いありません。

レンタルオフィスなら、デスク・チェア・インターネット・複合機が揃っていますから、登記までの期間を除けば座った瞬間から事業開始が可能なのです。

レンタルオフィスで起業したら

レンタルオフィスで起業したら次の一手に移りましょう。

まず、名刺とホームページを作成しましょう。名刺はデザインテンプレートから簡単に作成・発注できるサイトが幾つかあります。ホームページは最初は簡便なもので結構です。

企業ロゴを付ければ決まりです。

ロゴがあれば、名刺とホームページが引き締まります。

トータルでデザインすれば、他社と差別化されて引き立ちます。

ロゴは封筒、はがきに使います。

封筒やはがきでご挨拶状を出しましょう。貴方の会社住所はレンタルオフィスの一等地です!

まずは知合いをご招待!

起業していきなり飛び込み営業をする人はいないでしょう。まずは知合いへのご挨拶やオフィスを見てもらいながら事業説明をしてみましょう。

そんな時、レンタルオフィスの会議室を十二分に活用しましょう。

OA会議室ならPCとモニターを使ってプレゼンテーションやインターネット閲覧も可能です。

オフィスに人を招待出来ること、これはとても重要なことです。貴方が本格的に事業を開始したのだと認識してもらうことで、「では紹介してみるか」となる可能が高まるのですから。

起業の孤独感

1人だけで起業する方は、実は多いです。起業後には様々な問題が生じます。こういう時どうすればいいのか、誰に相談すればいいのか、出来れば同じ境遇の人と話をしてみたい、など問題解決に際して人との交流は大事です。レンタルオフィスは、1人用個室に起業された方がいます。よく考えてみれば同じような境遇の方が周りにいっぱいいるのです。とかく孤独になりがちなら、レンタルオフィスに入居をお勧めします。

同じような問題を抱えた者同士、自然と話ができる雰囲気が自然に生まれ、自然に問題解決が図られることもあるのです。

難易度の高いことを相談したい

レンタルオフィスの運営会社によりますが、経営相談ができると大変便利です。

いわゆる、頑張りましょう、ではなく、経営管理上のテクニカルな答えが欲しいとき本格的な運営会社であることは大事なことです。できれば経営相談は無料で受けられるところをお勧めします。

仕事上の人脈をどう広げるのか

起業後に気が付かなければならないことは、友人は仕事上の人脈ではないということです。

仕事上の人脈とは、仕事においてWinWinの関係にあるが故に成り立つという現実があります。

WinWinですから、求めているうちは人脈形成ができません。

どうすれば仕事上の人脈ができるのでしょうか?それは相手に仕事を与えることです。

えーっ、自分の仕事がないのに?

いいえ、自分の出来ないことを含めて仕事を創造して人を絡めていくのです。

一度仕事をオーダーして一緒に仕事をした人、これは超立派な人脈で、一生モノです。

レンタルオフィスの入居者に異なる業者がいらっしゃる、これはチャンスですね!

完全個室にて

レンタルオフィスで完全個室ならば仕事が集中できます。なぜなら、他に余分なものがないから。

例えばTV。SOHOマンションなら備え付けているから見てしまうかもしれません。自宅だとなし崩し的です。

レンタルオフィスに入居すれば、仕事をせざるを得ない。でもこのような環境が必要なのです。

なぜなら、起業したら人一倍仕事をしなければいけないから。

完全個室で、誰にも邪魔されずに、好きな時間、好きなだけ仕事して下さい。

息抜きは、フリーラウンジを活用しましょう。

お問い合わせ・内覧のご予約はこちら

TOPへ戻る>>

女性応援プラン 秘書サービス格安プラン!登記手数料無料! 起業家支援プラン コンサルBank Powerd by ZanshinConsulting