レイアウト

物件をようやく探した時、それはレンタルオフィスとして活用するフロアが決まったことになります。

間仕切りをどうするのか、つまりはレイアウトをどうするのかという課題にぶち当たります。

直ぐに図面を手に入れ、自分でレイアウトを書いていきました。

建築基準法などの法的知識を仕込みながら、効率的で使い勝手の良いレンタルオフィス空間を何としても作り出したい、そういう想いで何回も何回も考察しました。

エレベータを降りるとエントランス、その後の導線、会議室、居室レイアウト等々は私が配置して図面を引いたのでした。

これを元に業者様とお打合せをさせてもらい、アドバイスをもらいながら施工に移行します。